悔しいと嘆く前に片っ端からお試しあれ!【若返り効果が得られる化粧品で徹底ケア】

化粧水

メイクを落とす際に

洗顔

気を付けたい種類

メイクは華やかで美しいですが、肌にはそれなりに負担になります。そのためにクレンジングは重要ですが、クレンジングにもオイルタイプやミルクタイプ、クリームタイプなどさまざまなタイプがあります。またこういったタイプだけでなく、使用されている成分などもそのクレンジング剤によっていろいろあります。そういったものの中には、あまりよくメイクが落ちなかったり、乾燥肌を悪化させてしまったりするものもあるので、成分やタイプは自分の肌に合ったものを選ぶようにしましょう。ちなみに乾燥肌の場合はこすらずに落とせるものの方が無難です。また界面活性剤や細胞間脂質などが多く含まれているクレンジング剤は洗浄力が強すぎるため、乾燥肌を悪化させる可能性もあるので避けた方が良いでしょう。

乾燥させないためには

肌のためにもメイクはしっかり落とす必要がありますが、クレンジング剤を使用してかえって乾燥肌を悪化させてしまったら、意味がありません。しかしメイクをそのままにしておくわけにもいかないので、まずはクレンジング剤そのものを見直して、肌に優しいタイプのものを選ぶようにしましょう。もっともそうすると、メイクの落ちが悪くなったり、落とすのにも時間がかかることもあります。そういった場合は、とくに濃いポイントメイクのところのみにクレンジング剤を使用し、他のベースメイクは石鹸などを使って落とすという方法もあり、乾燥肌に悩んでいる人には簡単かつ肌に優しいために人気がある方法のようです。基本的によほど濃くメイクを施さない限りは、石鹸などでも十分に落とすことは可能です。またよく落とすためにごしごし強くこすったり、何度も洗うといったこすりすぎや洗いすぎは、逆効果をもたらしますので注意しましょう。